奮闘記【4】ゲームパッドのデータ受信プログラムの書き換え

2018年06月29日 13:39:17 by fdkltd

どうもhataです
今週はUSBゲームパッドとマイコンの通信プログラム作っていました。また、前回のブログに載せたモータドライバを4個同時に制御するプログラムの作成も行いました。来週の記事では「ゲームパッドでこの台車を動かせた」というものが書きたいですね。

ゲームパッドのプログラムはライブラリを利用して作成しました。改良を加えずにライブラリを利用した結果、情報を誤認するような応答が返ってきました。
(例:①ボタンを押しているのに左ジョイスティックが前方に倒されている)
なぜこのようなことが起きるのか調べた結果、ゲームパッドのボタンマッピングが機種によって違うようでした。
今回はそれを、押したボタンに対応した応答が返ってくるようにプログラムを書き換えました。

 余談ですが、今週から利用するマイコンボードがarduinoからNUCLEOに変わったのもあり、新しい開発環境に慣れるのにも時間がかかりました。例を挙げると、arduinoでは「Serial.Write();」で書けたものが、「[自分で決めた名前].putc;」に変わったので何度もこの書き間違いでエラーを起こしました。