奮闘記【16】ロボット製作に向けて

2018年09月28日 9:08:46 by fdkltd

どうもhataです

八尾ロボコンで使用する、モーター・センサー・ドライバーの種類や数がおおよそ決まりました。なので、今週はマイコンボードとどのように接続するのかを決め、それを表やブロック図にまとめていました。

http://www.matec-yao.com/pub/robot/robocon2019/index.html

まず、マイコンボードの接続ピンの接続の決め方ですが、PWMやシリアル通信などの、特殊な機能が必要なものから決め、その後、デジタルIO・アナログIOなどのマイコン側のIOピンの数が多い物の接続場所を決めました。次に、マイコンに挿すユニバーサル基板を都合上2つに分けないといけないので、それを考慮した接続に変更しました。一方は大型モータの駆動用、もう一方はセンサ等に利用できるようにしました。

次に、表にまとめたピンの接続をブロック図で分かりやすく表しました。マイコンボードの何番ピンから、接続先のどのポートにつながっているのかが、一目でわかるよう心がけました。しかし、丁寧に作ろうとし過ぎてしまったために、かなりの時間がかかりました。社内で利用するものなので、時間をかけて丁寧過ぎるものを作成するのではなく、ある程度見やすく、見せる人に伝わるものを作ればよいと先輩方に教えていただきました。

私は何をするにしても、自分の理想の100点に近づいたものを作ろうとする傾向があります。その結果、作成に時間がかかる、方針が間違ったまま作業を進めてしまう等の問題が発生しているので。自分がやっていることの途中経過を見てもらい、方針があっているか等を確認することが大切なのだと思いました。